過払い請求AtoZ払いすぎた金利は返還請求が可能です!大阪、京都、神戸、千葉、東京の信頼できる弁護士、司法書士に相談

過払い請求を知ることで返還請求ができるかもしれません。借金相談や債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)相談

相続手続きと債務整理

万が一、親が借金をしたまま亡くなってしまった、という様な事があった場合にはすぐに対応する様にしたいですね。

これは期間が決められており、その期間を過ぎてしまうと借金まで子供に相続される事になります。それで返済できない場合には債務整理などの手続きが必要になる場合もあります。

しかし、亡くなってから3カ月を過ぎていない場合には、債務整理などの必要はなく、相続を放棄する手続きを行う事ができます。

ですが、やるべき事も多く、忙しい場合も考えられます。更に法的な手続きになりますので、ややこしい事が考えられます。

ですので、その場合には弁護士などの元を訪れて相談してみると、自分の代わりに必要な手続きなどをすべて行ってくれる事でしょう。手続きは余裕のある間に早期に済ませておきましょう。

債務整理の中の任意整理について

債務整理には3種類の方法があります。 その中で自己破産は、リスクやデメリットが最も多く、できるだけ避けたい手段です。自己破産を選ぶ前に個人再生や任意整理を考えてみます。任意整理 は、債務整理の中で最もリスクやデメリットの少ない方法です。

裁判所の介入もなく、貸金業者との合意があれば成立します。払いすぎた金利分を引き算して、返済期限を3年から5年に延ばして無理なく返します。個人で貸金業者との交渉は困難なので弁護士に相談する必要があります。弁護士に依頼すれば、貸金業者からの直接の取り立ては止まりますので、精神的にもかなり楽になります。

債務整理は任意整理 からはじめます

債務整理は任意整理からはじめるのがおすすめです。理由は裁判所を介さなくとも、貸金業者との合意があれば成立する方法だからです。貸金業者からお金を借りている、現在取引中の方であれば、グレーゾーンで払いすぎた利子を、残っている借金から引き算して返済金額を減らすやり方です。

貸金業者への返済が済んで取引が終わっている人の、過払い請求というものを利用する方法ですが、返済期限も3年から5年と伸ばして払いやすくしていきます。そのために、正社員でなくても構いませんが、継続して安定的な収入がみこまれる人だけに限られます。

多重債務を持っていると債務整理は自己破産がいい

多重債務を抱えている人で、負担をなるべく軽減させたいと思っているときには、債務整理を行っていくことが重要になります。減額できる能力を持っている場合には、借金がかなり多くなったとしても対応できるからです。

しかし減額できる幅には限界があり、返済できる能力もあまり持っていないなら、最後の手段を使っていくこととなります。多重債務を持っている場合に、自己破産を検討されることも増えていきます。これは減額しても返済が無理だと思われているためで、実際に行っていくためには減額できる範囲なども踏まえて検討しています。

債務整理、自己破産、過払い請求なら弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、京都、神戸

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.kabaraikin.com/
https://www.shakkin.net/
https://www.jikokaiketsu.com/
https://www.bgata-kyufukin.com/

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
TEL:078-242-3041

債務整理関連

多重債務を解消するための過払い、債務整理、自己破産、任意整理相談に関する記事は責任は負いかねます。

債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)相談についてはお近くの弁護士事務所、司法書士事務所にご相談ください。 大阪、京都、神戸、千葉、東京には信頼できる多くの弁護士、司法書士事務所があります。

債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)相談以外のお問い合わせはこちら