過払い請求AtoZ払いすぎた金利は返還請求が可能です!大阪、京都、神戸、千葉、東京の信頼できる弁護士、司法書士に相談

過払い請求を知ることで返還請求ができるかもしれません。借金相談や債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)相談

過払い請求の時効

既に完済していいても、請求権はありますが、請求ができる期間は限られています。

最後に完済した日から10年が経過すると請求権はなくなり、時効となり、金融業者に対する過払い請求権がなくなります。

また、借入、完済と繰返ししている場合はその間隔に10年以上の開きがなければ過去にさかのぼり、何十年前に借りたものであっても場合によっては過払い請求権が認められます。

実際に3、40年前の借入に対する過払い請求を起こす方もありますので、過払い請求権のあるものは全て申し立てを行うことをお勧めします。

債務整理としての過払い請求

自己破産の手段を選ぶ前に、個人再生や任意整理を行う事がおすすめです。貸金業者から借金をしてどうしても返せなくなった時は、一人で悩まずに弁護士などに相談する事が大事です。借金を無理なく返すための最善の方法を考えて提示してもらえます。

最初に考えられるのは任意整理です。裁判所が介入しないやり方なのでリスクやデメリットが少ないのです。過払い請求ともいわれるものですが、グレーゾーンで払いすぎた分の利子を差し引いた計算することで借金を減らす方法です。無理なく返済する為に、返済期限を3年から5年に延ばしてもらいます。

自己破産申し立て後の過払い請求

自己破産を申し立てて免責まで確定した後で、過払い金に気付いてしまった場合、どのように対応したらいいのでしょうか。今頃になって中々言い出せないと感じる方も多くいらっしゃいますが、申し立て後でも過払い請求をおこなう事は可能です。

そうした場合には、可能な限り過払い請求に慣れた弁護士に相談してみてください。必ずしも、自己破産時に相談した弁護士ではなくてもいいのです。依頼の際には、債務者にもう一度配り直すために請求したいということを伝えましょう。過払い金は破産者である自分の財産だからこそ、供出しなければならないのです。

過払い関連

多重債務を解消するための過払い、債務整理、自己破産、任意整理相談に関する記事は責任は負いかねます。

債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)相談についてはお近くの弁護士事務所、司法書士事務所にご相談ください。 大阪、京都、神戸、千葉、東京には信頼できる多くの弁護士、司法書士事務所があります。

債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)相談以外のお問い合わせはこちら