過払い請求AtoZ払いすぎた金利は返還請求が可能です!大阪、京都、神戸、千葉、東京の信頼できる弁護士、司法書士に相談

過払い請求を知ることで返還請求ができるかもしれません。借金相談や債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)相談

過払い返還手続き

2010年6月18日施行の貸金業法及び出資法改正前に存在した金利があります。

グレーゾーン金利と呼ばれるもので、利息制限法に定める上限金利は超えていますが、出資法に定める上限金利には満たない金利の為、貸金業者、特に消費者金融の多くは、この金利で金銭を貸し出していました。

法律違反にならないグレーゾーンと呼ばれる金利が存在したのです。

法改正により、グレーゾーン金利がブラックゾーンになった為、グレーゾーン金利を支払っていた人が払い過ぎた分を取り戻せるというのが過払い金返還請求です。

請求方法は、まず債権者から支払いの履歴を取得します。
履歴から、利息を計算し直し、払いすぎていた金額を請求して返還してもらいます。

請求方法は示談による方法と裁判所での訴訟提起による方法がありますが、訴訟のほうが確実に手続きが進んでいくというのが現実のようです。

示談に素直に応じる業者も増えてはきてますが、抵抗する業者もまだまだ多く、示談は進みにくいというのが現状です。

また、トラブルになることも少なくなく、弁護士などの専門家に依頼するのが確実な方法ともいえるでしょう。

早ければ2ヶ月程度、通常は6ヶ月~1年ほどで、解決しますが、中には1年以上かかることもありますので、申し立てをしたからといってすぐに返還とはなかなかいかないようです。

自己破産後にも過払い請求はできるのか

過払い請求は、引き直し計算をすることで余分に払いすぎていた利息を特定し、債権者へと変換請求を行うことをいいます。これにより借金の返済や生活資金にあてることができます。

では、借金が免責される代わりに、一定額以上の財産は手放さなければいけない自己破産手続きを取った後でも、請求は可能なのでしょうか。過払い請求には期限があるので、期限内であれば自由財産としての所有が認められています。請求は個人で進められますが、弁護士や司法書士などの法律に強い第三者に依頼をしておくと、速やかに解決を目指すことができます。

自己破産をしても過払い請求は可能

弁護士を通じて裁判所に手続きをして、借金返済が免責となることを自己破産といいます。借金の返済義務から解放される代わりに、一定期間ローンが組めなくなったり、規定額を超える財産は手放さなければいけないなどの制限がかけられます。

手続きの前に確認しておきたいことが、過払い請求についてです。2010年よりも前にキャッシングや借り入れをしていると、可能性として過払い金が発生しているかもしれません。想定より多い金額が返ってきたので、それを返済にあてて結果的に自己破産をしなくてもよくなったというケースもあります。まずは過払い金があるかどうか、調査を依頼しましょう。

過払い関連

多重債務を解消するための過払い、債務整理、自己破産、任意整理相談に関する記事は責任は負いかねます。

債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)相談についてはお近くの弁護士事務所、司法書士事務所にご相談ください。 大阪、京都、神戸、千葉、東京には信頼できる多くの弁護士、司法書士事務所があります。

債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)相談以外のお問い合わせはこちら